cafe food music books space


森ゆに×senoo ricky「ふたつのうたの続き」 2017.06.25 (日)




山のせせらぎのなかに躍る陽射しのようなピアノと歌声でした。

きらきらとしたピアノアルペジオで森ゆにさんが歌ってくれた「初夏」という曲が本当に気持ちよくて、ずっとあたまのなかを回っています。


森ゆにさんの声とお店のピアノの音がとても合っていてすごくよかった。と言ってくれたのは音響を務めた田辺玄さん(WATER WATER CAMEL)。

ゆーきゃんの説によると、
ピアノの音は、好きな音楽家たちが演奏していると好きな音になっていく、とのことでした。確かにコンサートの後、ピアノが演奏された方の音色にすっかり変わってしまうことをいつも不思議に思っていましたが、自分のピアノは自分だけの音になっていくと考えると、ピアノ愛も深まるというものですね。

森ゆにさんが弾いたあとは、確かにゆにさんの音色なのに、ライブの時の音とはまた違う個性を感じさせる不思議なものでした。すごく興味深いですね。そのあたりの秘密は、次回来ていただいた時に聞いてみたいと思います。これからしばらくこの美しい音色が続いてくれると思うと嬉しいです。

一年前にフォルツァ総曲輪にもいらした京都の伝説Llamaのドラマーsenoo rickyさんは今回ギター弾き語り。ぬくもりのある歌が入ってくるというよりいつのまにか心のなかにいる感じでした。言葉少ないに。ほっこり、という言葉がほんとうによく似合いました。rickyさんもnowhereを気に入ってくれたようで、とても光栄です。


もう随分長い間恋していた森ゆにさん、そしてsenoo rickyさん。「めざめ」の木下君とゆーきゃんのおかげでようやくnowhereでのライブが実現しました。


急な告知にもかかわらずいらしてくれたたくさんのお客様、装花の藤木卓さん、高岡スイッチスイーツカフェ般若さん、関係の皆様、まことにありがとうございました。









■ふたつのうたの続き
□日時:2017年06月25日(日)  17:00開場 18:00開演
□出演:森ゆに, senoo ricky
□音響:田辺玄