cafe food music books space


橋本秀幸ピアノ演奏会 富山公演 2018.06.09 (土)




14時過ぎの会場入りから17時の開場ぎりぎりまで、
橋本さんはひとり延々とピアノにむかい音を紡いでいました。

ピアノと対話をしていたんですよ。
演奏の後にはそんな話をしてくだいました。

6/9(土)、アルバムからはもちろん、
ピアノや場の空気との対話のなかから生まれる美しい即興曲を何曲も交えて、
橋本秀幸さんのピアノ・コンサートが開催されました。

朴訥として静かなお人柄の通りの、
素朴であたたかな、けれど水面を照らす陽射しのようにきらきらとした曲たちが、
その指先からどんどんと溢れ出てきます。それはまるで枯れない泉。
刻々と変わる夕方の光のなかで、ピアノの音色はどんどんと澄んでいきました。


未来は優しさと希望に溢れていますよ。
楽しみましょう。

そんなメッセージが聞こえてきそう。

素晴らしいコンサートでした。
いつの日にか、またお招きできればと思います。

今回は、夕方からの時間帯のコンサートにもかかわらず、
たくさんのご来場まことにありがとうございました。



*橋本さんがアンコール音源をアップしてくださいました。
 Hideyuki Hashimoto - 橋本秀幸 official websiteのBlogの方に、【encore 02】(blue ~ with ~ nowhere #10)もアップされています。

















□橋本秀幸ピアノ演奏会 富山公演
■2018年6月9日(土)
■17時開場 / 18時開演

装花 藤木卓さん
照明協力 上田伸也さん