cafe food music books space

store >
  • music
  • book
  • lifestyle

top > store > music

今日のシーンで最も驚きを与えてくれるピアニストの一人であるジャン=フィリップ・コラール=ネヴェン。クラシック、現代音楽、ジャズ、即興、シャンソン、エレクトロ、演劇、ダンス、無声映画といった多方面にわたる音楽活動を通して、既成の枠に収まらない音楽家として独自の演奏スタイルを築いてきた彼が、『Between the Lines』以来5年ぶりにピアノソロでの新作『Out of Focus』を発表します。それは自作曲とジョニ・ミッチェル、ヘンリー・マンシーニ、ハロルド・ロボなどのカヴァー曲が織りなす一つの領域です。
私たちは、全体が明瞭で、完璧で、主要な人物が前景に映っている写真が良いものだと考えがちです。『Out of Focus』は、写真からインスピレーションを受け、私たちの考える音楽そのもののアウトラインをずらすこと、全く異なった物語を背景から捉えることの大切さ、焦点の外に生みだされる空間、ボケの美しさに主眼を置いています。その音楽の中では主旋律だと思われるものが実はそうではなく、背景が本当のテーマを示しているかもしれません。
このアルバムを構成する曲は、音の中の瞑想的な彷徨の口実でしかないようにアプローチされています。未完成のような旋律、いつしか消えてしまう和声、沈黙に溶けていくグルーヴ、、、
即興曲とジョビンやマンシーニのカヴァー曲の中で、ジャン=フィリップはまるで私たちに打ち明け話をするかのように、内省的で深遠な演奏を披露します。生命のダンスを感じるような躍動的な即興のバラッド、まばらなメロディーや予測できずに変化するハーモニーは、時に明滅する光のようにゆっくりと沈黙の中に溶け、空間に美しい余韻を残しています。聴く人は、この音楽の中に、彼のクラシック音楽の豊富な経験とともに、彼がベルギー内外の有名なジャズ奏者と共有した音楽的冒険の痕跡、それに映画音楽への愛情をもまた見出すことでしょう。

「ソロで活動することは、総合的に、そして後方や自分と共に移動する地平線に目を向けることに最適なコンディションを生む。一人であるということ、それはつまり、自分の殻を破って一人では行けないところに連れて行ってもらえる、あの素晴らしいコラボレーションなしで活動する、ということでもある。
一人でピアノを弾くことは必然的に僕の少年時代、子供時代に僕を引き戻す。僕がピアノは何でも可能にする楽器だと気付いて、好きな映画音楽や歌の曲を弾いたり、完全なオーケストラを構成したり、同時に全ての役を演じたりしていたあの頃に。 その後、僕は他の人と音楽を分かち合う喜びを発見することができたけれども、一人でピアノの前に座って、木を揺らす風のように、絶えず僕を通って流れ出る音楽のことしか考えずに指を走らせる楽しみを、僕は今また味わっている。そして、その音楽は、僕を揺さぶり、 呼び止め、僕の人生を変えたすべての音楽の色彩を帯びていることに気づく。それが、クラシック、現代音楽、ジャズ、シャンソン、ポップス、映画音楽のどれに属するものであれ。」







Tracks:
01 Goodbye My Friend
02 Shooting in the Park
03 Eu te amo
04 The Dance of Soul
05 Infinite Embrace
06 Cesaria
07 Moon River
08 Insensatez
09 The Dance of Life
10 Musique floue
11 Allo allo ?
12 Por toda a minha Vida
13 Here We Are

Jean-Philippe Collard-Neven
1975年生まれのベルギー人ピアニスト、作曲家、即興演奏家のJean-Philippe Collard-Neven(ジャン・フィリップ・コラール・ネヴェン)はあらゆる音楽における枠組みを超えた活動を続けている。彼の活動の中では、クラシック、現代音楽、ジャズ、即興、シャンソン、エレクトロ、演劇、ダンス、映画、文学が出会う。とはいえ、何にでも手を出すエクレクティシズムとは異なり、この多様性は彼の中で、ひとつの同じ情熱の表現であり、彼の精神の自由さに由来する。そして、それは異なるスタイルやジャンルや時代の間にある壁を取り除き、それらの間につながりを織りなすのだ。

Jean-Philippe Collard-Nevenは幼い頃から、父親の膝の上でジャズの旋律や歌を覚え、彼が強く惹かれた映画音楽を、耳に聞こえた通りに奏でた。言葉を覚えるのと同じ時期に、即興したり、楽譜なしで演奏したりすることを学んだことは、彼の音や音楽との関わりの基盤となっている。それは彼の中で、実に本能的で自然な行為なのである。学術的に音楽を学んだ後も、それが変わることはなかった。
また、このような自発的な学習は、音楽に優劣をつけさせなかった。ロックバンドの演奏であれ、弦楽四重奏であれ、彼の心に触れるすべての音楽は演奏すべき音楽であった。 初めに異なるジャンルや時代の区別をしなかったことは、それぞれの音楽の美に対して彼を敏感にさせた。

様々な分野の人たちとの出会いによって、彼の音楽性は作られてきた。往年のChet Bakerの名パートナーとして名高いコントラバス奏者Jean-Louis Rassinfosse、フランス人ヴィオラ奏者のVincent Royer、実験音楽の巨匠Luc Ferrari、ニューヨークの作曲家David Shea、Jean-Luc Fafchamps 、Vinko Globokar、指揮者のパトリック・ダヴァン他、多くの人々から影響を受けたという。
1993年にデクシア・コンクールにおいて第1位を受賞、2003年にはベルギー音楽のための活動が認められ、ベルギー作曲家連盟のFUGA賞を授与されるという快挙を成し遂げた。また、オクターヴの2008年度のアーティスト賞も受賞するなど若くして輝かしい経歴を残している。

Jean-Philippeによる劇場のための音楽は、1枚のCD『Incidental music』に集められ、2006年にリリース、ここ日本でも大きな話題を集めた。この作品は、三部作の第1弾であり、第2弾はピアノの即興演奏による作品『Fleeting Music』(いずれもsub rosaよりリリース)、第3弾には室内楽の自作曲が収められる予定とのこと。
また、レオシュ・ヤナーチェクのピアノ曲全曲集がFUGA LIBERAよりリリース予定である。
ジャン・フィリップ・コラール・ネヴェンはモンス王立音楽院で室内楽と即興を教えている。

2011年flauより全編ソロピアノによる『Between the Lines』をリリースし、初来日。これまでにヨーロッパ各国を始め、チュニジア、チリ、メキシコ、ペルーなど世界中のフェスティバルに招待を受けている。 今年5年ぶりとなるソロピアノによる新作『Out Of Focus』を発表、来日ツアーも予定している。


アーティスト:Jean-Philippe Collard-Neven
タイトル:Out of Focus
フォーマット:国内盤CD
レーベル:flau
型番:flau57
発売日:2016年04月

  

あなたにおすすめの商品