cafe food music books space

store >
  • music
  • book
  • lifestyle

top > store > music
たくさんの思い出があるこの部屋に独り佇み、ギターを手にしたら、メロディーが溢れてきた…。
淡い郷愁を誘うメロディーが胸を打ち、繊細なタッチで紡がれる瑞々しい音色が爽やかな余韻を残す。インドネシアのギタリストによる、穏やかな叙情と静かな寂寥感をたたえた、ギター独奏作品。

本作は、ジェラルドの音楽活動において長年に渡ってインスピレーションを与えてくれた、とある部屋にまつわる個人的なメメント〜記憶の形見/記念として吹き込まれました。ジェラルドによると、その部屋の特別な響きは魔法のようで、そこを手放すことになった時、その場所に宿る特別な「音」を残したいという思いから新たに曲を書き下ろし、録音したのがこの『ソリチュード〜孤独』です。
ジャケット写真の、空っぽの部屋でギターを抱えて座るジェラルドの姿が、このアルバムに込められた想いをそのまま表しています。



Track List
01. Raining Flowers
02. Two Worlds
03. Old Stories
04. Puzzles in Mind
05. Menahan Rindu
06. Gone
07. Familiar Song
08. Why?
09. Always Changing
10. Beautiful Story
11. Natural Thinker
12. Epilogue: Solitude

Gerald Situmorang ジェラルド・シタモラン
1989年ジャカルタ生まれ。13歳でギターを手にし、様々なギタリストに師事しながら、次第にジャズへと傾倒。16歳で結成したバンド「Sketsa」を皮切りに次第にギタリストとして頭角を現し、インドネシア国内の幾多のジャズ・フェスティバルで受賞を重ねるなど、期待の新人として注目され、以降、順調にキャリアを重ねていった。
本作『ソリチュード』は、主にバンドでの活動が多かったジェラルドにとって初のソロ名義のアルバムで、インド;ネシアでは 2016年9月に発表された。


アーティスト:Gerald Situmorang(ジェラルド・シタモラン)
タイトル:Solitude(ソリチュード)
フォーマット:国内盤CD
レーベル:Inpartmaint
型番:RCIP-0260
発売日:2017年7月