cafe food music books space

store >
  • music
  • book

  • top > store > music
    top > store > music
    Henning Schmiedtが長年にわたって使用するスタジオのあるベルリン南東の地区Schöneweide(シェーネヴァイデ)。歴史的には都市への扉として機能した、草原の生い茂るのどかな地域だったというこの土地の名を冠したニューアルバムで、Henningのピアノはさらなる進化を見せます。コンクリートの道路を超えて、スタジオに続く自然の小道を歩くように、繊細なピアノの響きと電子サプリメント双方の魅力を存分に発揮。これまでになくゆったりと始まるピアノは、次第に情熱を帯び、メロウで流麗な旋律を奏でます。アルバム中盤からは名作「Klavierraum」や「Schnee」で見せた先鋭的な音響彫刻をさらに前へと進め、ピアノの内部奏法から得られた躍動するリズム、ギリシャやトルコの伝承音楽や、ベルリンのインダストリアル・ミュージックからの影響も随所に感じさせてくれます。ピアノの音そのものを変容するような興味深いサウンドからノスタルジックに奏でられる美しいメロディーまで、Henning Schmiedtの魅力を余すことなく詰め込んだ新作です。



    Tracks
    01. Mondlied
    02. kühle lippen
    03. seegrün
    04. den hügel hinauf
    05. für sota
    06. plötzlich froh
    07. behütet
    08. blauer wind
    09. barfuß laufe ich
    10. aus voller Kraft
    11. kann dich schon sehen
    12. verstreute kirschen
    13. immer noch
    14. frühlingsregen fällt
    15. weißer dunst (cd bonus track)

    アーティスト:Henning Schmiedt
    タイトル:Schoneweide
    フォーマット:CD
    レーベル:flau
    型番:FLAU67
    発売日:2017年9月