cafe food music books space

store >
  • music
  • book
  • lifestyle

top > store > music
穏やかな冒険を続けるポストクラシカル・ユニットBalmorhea (バルモレイ)。
5年振りとなるフルアルバムが遂に完成!原点に戻りデュオとして制作した作品はギター/ピアノをメインとした空気に溶け込むような美しいアンビエンス。

ポストクラシカル〜ポストロックなど時代を牽引するようなサウンドでアルバムを発表してきたバルモレイ。11年のバンド活動の中で自分達の答えを探していた彼らが次に目指したのはシンプルな作品への回帰。デビューアルバム『バルモレイ』のシンプルさを持ちながらも微妙に異質な作品を作り上げるために、自らを制限する事で極力無駄な音を排除し楽曲を制作。アナログシンセサイザー、ピアノ、ビブラフォン、エレクトリック、ベース、バイオリン、ビオラ、フィールドレコーディングを邪魔しないように複雑なことを避けた。そしてEphraim Owens (Tedeschi Trucks Band)が参加し、バンドの歴史ではじめてによるトランペットを導入。シンプルな音の響きを表現しながらも新しいサウンドを開拓して行く穏やかな冒険者バルモレイの旅はまだまだ続きます。日本流通盤のみボーナストラックとして”55”のデモトラックのダウンロードコードを収録。



Track list :
1.Clear Language
2.Sky Could Undress
3.Dreamt
4.Slow Stone
5.Ecco
6.Behind The World
7.Waiting Itself
8.55
9.All Flowers
10.First Light

Balmorheaバルモレイ
2006年にRob LoweとMichael Mullerで結成。テキサスの地名Balmorheaからバンド名をつけているだけに500人弱のテキサス西部の生活から彼らの音楽は大きな影響を受けている。『フィールド・レコーディングスとアコースティック・ギター、ピアノを中心とした傑作『Rivers Arms』(2008)、バンジョーとドラムを加えた出世作『All is Wild, All is Silent』(2009)、そしてクラシカルでミニマルな室内楽の荘厳さを持つ『Constellations』(2010)、ポストロックのダイナミックさを加えた『ストレンジャー』(2012)など様々な形で彼らの高い作曲のセンスとアレンジ能力を聴く事ができる。その後、デビューアルバム『バルモレイ』(2014)のリイシューを発表。いままでFleet Foxes、Tortoise、Bear in Heaven、mono, Here We Go Magicらと共演している。


アーティスト:Balmorhea(バルモレイ)
タイトル:Clear Language(クリアー・ランゲージ)
フォーマット:国内流通盤CD
レーベル:Western Vinyl
型番:AMIP-0116
発売日:2017年9月
■日本流通盤のみボーナストラックとして”55”のデモトラックのダウンロードコードを収録。