cafe food music books space

store >
  • music
  • book
  • lifestyle

top > store > music
問:80年代のローランド808ドラム・マシンにハード・バップドラマーの巨匠エルヴィン・ジョーンズとアート・ブレイキーを加えJ DILLAで割りスクエアプッシャーを掛けたら?
答:マーク・ジュリアナ

ジャンル、シーンを跨ぎ注目を集めるドラマー、マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテットの2年ぶりのセカンドアルバムが完成。

ブラッド・メルドー、デヴィッド・ボウイ、アヴィシャイ・コーエンなどのグループで活躍してきた現代最高峰のドラマー、マーク・ジュリアナ。自身の別プロジェクト、MARK GUILIANA’S BEAT MUSICではエレクトリック・ミュージック/レゲエ/ダブのファンも獲得し進化する21世紀のジャズの象徴として話題を呼んだマーク・ジュリアナの『ファミリー・ファースト』に続くのジャズサイドのプロジェクト、マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテットによる作品。デヴィッド・ボウイの『★』、ブラッド・メルドーとのメリアナにも参加。世界中をツアーで廻りバンドとしてさらにパワーアップしジャズの歴史/伝統に根ざした黄金のカルテット編成で録音されたセルフプロデュースによるアルバム。

リズミカルに疾走するinter-areで幕を明け、新たにグループに迎えたピアニスト、ファビアン・アルマザンとジェイソン・リグビーをフィーチャーしたバラードJersey、強力にスイングするBig Rig Jones、デヴィッド・ボウイのカバー”Where Are We Now?”など日本盤ボーナスとラックとして”Lavender Again”を収録。マーク・ジュリアナのキャリアの集大成、そして新たな出発点ともなる作品にして、昨今のジャズ・シーンでも最も注目される1枚。



Tracks
1. inter-are
2. Jersey
3. Our Lady
4. BP
5. Rate
6. September
7. Big Rig Jones
8. Mayor of Rotterdam
9. Where Are We Now
10.Lavender Again <日本盤ボーナストラック>

Mark Guilianaマーク・ジュリアナ
ニュー・ジャージー生まれ、Modern Drummer誌に「ドラミングのエキサイティングなニュースタイルの最前線に立っている」と評されたドラマー。名門ウィリアムパターソン大学に進学、アヴィシャイ・コーエン(b)のグループのドラマーの座につき世界各国をツアー。自身の実験的ジャズグルー”HEERNT”を結成。イエス〜キング・クリムゾンの伝説的ドラマー、ビル・ブラッフォードが「これほど豊かでドラマティック、美しく、また生意気でジャンルの境界を吹き飛ばすようなものは、聴いたことがない」と語るほど。ミシェル・ンデゲオチェロ、グレッチェン・パーエラト、ティグラン、シャイ・マエストロ、ブラッド・メルドー、リオネル・ルエケ、ジェイソン・リンドナーなどと活動を共にし、ミシェル・ンデゲオチェロとの共同プロデュースによる初ソロ・アルバム『Beat Music』を発表。『マイ・ライフ・スターツ・ナウ』(2014)、『ビート・ミュージック:ロサンゼルス・インプロヴィゼイション』(2014)、『ファミリー・ファースト』(2015)をリリースしている。デヴィッド・ボウイの遺作『★(Blackstar)』を支えるバンドに抜擢されグラミー賞授賞式では、バンドメンバーとして登壇し5部門を受賞した。


アーティスト:Mark Guiliana Jazz Quartet(マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット)
タイトル:Jersey(ジャージー)
フォーマット:国内盤CD
レーベル:AGATE / Inpartmaint
型番:AGIP-3602
発売日:2017年9月
*日本先行発売
*日本盤オリジナルライナーノーツ収録
*日本盤限定ボーナス・トラック収録