cafe food music books space

store >
  • music
  • book
  • lifestyle

top > store > music
イタリアのピアニスト、ステファノ・グッツェッティ、4年ぶりとなるソロ・ピアノ作品集
サルデーニャの海のように安らかなエメラルドブルーの旋律

ルドヴィコ・エイナウディ、ヘニング・シュミート、ダスティン・オハロランなどをおもわせるぬくもりのあるタッチと美しいメロディーで多くの人々を魅了するイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、ステファノ・グッツェッテイの最新作。

Waves On Canvas名義でエレクトロニカを作っていた彼が本名で活動するきっかけとなった、2014年のデビュー作でもある『At Home. Piano Book Volume One』以降、いまでは世界的にも注目を集める作曲家として成功を収めてきました。彼自身が運営するStella Recordingsからストリングスを加えた作品を何作もリリースしてきましたが、本作はデビュー作以来、実に4年ぶりとなるソロ・ピアノ作品集第2弾となります。

作曲、演奏、録音、ミックス、マスタリングまですべてをステファノ自身が行い、彼のホームスタジオで完結させた、ぬくもりと慈しみに満ちた繊細で美しい作品です。

ステファノ・グッツェッティのイマジネーションによって、私たちはますますピアノというひとつの楽器の魅力にとりつかれていくようです。

日本流通盤CDのみ、Home Normalレーベル・サンプラーのダウンロード・コードつき。



Track List :
1. Apertura
2. Hands
3. Tecla (II)
4. Welcome
5. Paper ship
6. Namida
7. Be my shelter
8. The sky is clear now
9. Nuvole lontane


Stefano Guzzetti ステファノ・グッツェッティ
1972年生まれのサルデーニャ島出身のイタリア人作曲家/ピアニスト。自身の作品の他、さまざまな映画やドキュメンタリー、TVゲームなどのサウンドトラックも手がけ、サウンド・プロデューサー、マスタリング・エンジニアとしても活躍。9歳の時にJ.S.バッハのオルガン作品に夢中になり、オルガンのレッスンをはじめる。その後クラフトワークの音楽との出会いをきっかけにコンピューターによるプログラミングをはじめた。カリアリ音楽学校ではエレクトロニック・ミュージックを専攻。Twisted Tree Lineからの数枚のCD-R作品のリリースを経て、2012年にはアイルランドのPsychonavigationよりWaves on Canvas名義によるエレクトロニカ作品『Into the Northsea』をリリース。Louise Rutkowski (This Mortal Coil)、Ian Masters (Pale Saints)、Pieter Nooten (Xymox, Michael Brook)をフィーチャーしたこの作品が彼の本格的デビュー作となった。2014年にはHome Normalよりソロ・ピアノ作品『At Home – Piano Book (Volume One)』をリリースした。2015年にはイギリスの大手音楽出版社Mute Songと契約し、自身のレーベルStella Recordingsを立ち上げた。2016年にアルバム『Leaf』をリリースし、初来日ツアーも行なった。


アーティスト:Stefano Guzzetti(ステファノ・グッツェッティ)
タイトル:Short Stories. Piano Book Volume Two.(ショート・ストーリーズ・ピアノ・ ブック・ヴォリューム・ツー)
フォーマット:国内盤CD
レーベル:Home Normal
型番:AMIP-0133
発売日:2018年4月