cafe food music books space

store >
  • music
  • book
  • lifestyle

top > store > music
孤独とかなしみに寄り添う奇跡の歌声
バンコクで喝采を浴びる孤高のバンドが日本デビュー

アジアを代表する音楽都市バンコクのインディー・シーンで絶大な人気を誇る5人組スローコア/オルタナティヴ・ロック・バンドZweed n’ Roll(スウィート・アンド・ロール)。

2012年に結成以来、レディオヘッドなどUKロックのカヴァー・バンドからはじまり、じっくりと頭角を現してきた実力派。いまやライのバンコク公演のオープニングアクトを務めたり、様々なフェスで大きなステージを任されるなど、バンコクで最も支持されるインディー・バンドのひとつに数えられるまでに成長した彼らが2018年11月に満を持してリリースしたデビュー・アルバム『I’m 20』。

轟音と静寂のトリプル・ギターが導く美しいメロディーと、ヴォーカリスト、パットの心震わす、凛とした稀代の歌声が織りなすエモーショナルな叙情的ロック。歌詞はタイ語と英語で歌われ、人間の本質的な孤独と感情に寄り添うサッド・ソングが奏でられています。

Tracks:
1. ธันวาคม (December)
2. Blow Over
3. Another Dimension
4. Always
5. Lies
6. Restless
7. Linger
8. ช่วงเวลา (A Moment)
9. Diary (Bonus Track)
10. Another Dimension (Bonus Track)


アーティスト:Zweed n’ Roll(スウィート・アンド・ロール)
タイトル:I’m 20(アイム・トゥウェンティ)
フォーマット:国内盤CD
レーベル:Lirico / Inpartmaint
型番:LIIP-1536
発売日:2019年6月