cafe food music books space

store >
  • music
  • book

  • top > store > music
    top > store > music
    静謐で親密な音像とリラックスした空気感。ジャズ〜トラッド〜ポップスを背景に、繊細かつ表情豊かな歌唱を聴かせる女性ヴォーカリスト/ソングライター、キャスリーン・グレイスが、数多くの名演で知られる有名ピアニスト、ラリー・ゴールディングスとタッグを組んで吹き込んだ話題作。

    ジャズ〜トラッド〜ポップスを背景に、繊細かつ表情豊かな歌唱が印象的な米国の女性ヴォーカリスト/ソングライター、キャスリーン・グレイスが、数多くの名演で知られる有名ピアニスト/オルガニスト、ラリー・ゴールディングスとタッグを組んで吹き込んだ話題作。静謐で親密な音像と、二人の自然体でリラックスした空気感が心を潤す逸品。

    LAを拠点に活動する女性ヴォーカリスト/ソングライターのキャスリーン・グレイス。ジャズをベースに、フォーク/ブルースからポップスまでをカヴァーする音楽的背景から生み出される、柔軟で表情豊かな歌唱とコンポージングは彼女ならでは。2013年のアルバム『ノー・プレイス・トゥ・フォール』以来久しぶりに発表するこのアルバム『タイ・ミー・トゥ・ユー』は、ジャズ〜ポップス〜ファンク系のセッションマンとして数多くの名演を残すピアニスト/オルガニスト、ラリー・ゴールディングスとタッグを組んで吹き込んだ話題作。
    オリジナル曲に加え、ジャズ・スタンダード、アメリカーナ、ブルース、フレンチ・ポップからビートルズまで幅広くセレクトされた収録曲はどれも、グレイスとゴールディングスの二人でイマジネーションを深く共有し、じっくりと音を選び抜いたことがよく伝わる研ぎすまされたアレンジ。ゲイブ・ウィッチャー(ヴァイオリン/パンチ・ブラザーズ)、デヴィッド・ピルチ(ウッド・ベース/K.d.ラング、ホリー・コール、ジョー・ヘンリー)、ダレク・”オレス”・オレシュキェヴィッチ(ベース/パット・メセニー)など手練のミュージシャンによる最小限の楽器によるさりげないサポートも効果的で素晴らしい。

    アルバムを通じて、静謐で親密な音像と、二人の自然体でリラックスした空気感が心を潤してくれます。日本盤CD限定のボーナス・トラック「ソリチュード」を収録。



    Tracks:
    01. Tie Me To You
    02. Where Or When
    03. Everywhere
    04. John The Revelator
    05. Berceuse (Valsa Para Uma Menininha)
    06. The Thrill Is Gone
    07. Embarcadero
    08. Love For Sale
    09. What’ll I Do
    10. I’ll Follow The Sun
    11. Solitude (日本盤CD限定ボーナストラック)

    Kathleen Grace – Voice, Guitar
    Larry Goldings – Piano / Keyboards, Organ, Pocket Piano, Glockenspiel
    David Pilch – Bass
    Gabe Witcher – Violin
    Darek “Oles” Oleszkiewicz – Bass (on 7)


    アーティスト:Kathleen Grace with Larry Goldings(キャスリーン・グレイス・ウィズ・ラリー・ゴールディングス)
    タイトル:Tie Me To You(タイ・ミー・トゥ・ユー)
    フォーマット:正規ライセンス国内盤CD/ダブル紙ジャケット仕様/封入リーフレット
    レーベル:Rip Curl Recordings
    型番:RCIP-0307
    発売日:2020年8月
    ライナーノーツ:山本勇樹