cafe food music books space

store >
  • music
  • book

  • top > store > music
    top > store > music
    多くの名作を生んできたアルゼンチン新世代フォルクローレ/コンテンポラリー音楽の歴史において、2020年のマイルストーンとして語り継がれるであろう内容と完成度を誇るアルバムの誕生。カルロス・アギーレ・グルーポの諸作やルス・デ・アグアの『ポエマス・デ・フアン・L・オルティス』、そしてアンドレス・ベエウサエルト『ドス・リオス』など、シーンを象徴する2000年代の名作たちと比肩しうる作品です。

    ブエノスアイレスに続くアルゼンチン第二の都市で、歴史のある学術都市として文化的にも成熟と先進が同居する街として知られるコルドバ出身のシンガー・ソングライター/マルチ・プレイヤーのロドリゴ・カラソ。2015年発表の『OIR E IR』以来、通算3作目となるアルバム『オクトゴノ』は、過去2枚のアルバムで培ってきた、河沿いの音楽の伝統的なリズムとシンガー・ソングライターとしてのポップなコンポジション、マルチ・インストゥルメンタリストとしての実験性を融合させるという彼ならではの創造性とセンスが大きく開花した作品です。
    サンティアゴ・バスケスを始め多くのミュージシャンが参加し、多彩な楽器が使われながらもアコースティック&ミニマルなタッチで立体的にデザインされた音像空間、やさしく伸びやかで繊細なニュアンスを含んだボーカル、独特の揺らぎを生み出す多重録音スキャットやコーラス、効果的なエフェクト音を随所に配置したアレンジから曲全体の構成力。カラソの才気が音楽の細部にまで行き渡り、作品を包み込んでいます。

    5月に配信先行リリースされるや多くのリスナーが絶賛しているこのアルバム。本作によってロドリゴ・カラソは今後のアルゼンチン音楽シーンを牽引する存在として大きく知られることになるでしょう。本国アルゼンチンに先駆けてリリースされる日本盤には、カルロス・アギーレがライナーノーツを特別寄稿してくれました。



    Tracks:
    01. Antes del tiempo
    02. Hora mínima
    03. Mis ideas
    04. Só para ficar
    05. Una Luna
    06. Horas este mar
    07. Miradas nuevas
    08. Valparaíso
    09. Nósmica
    10. Cantábrico


    アーティスト:Rodrigo Carazo(ロドリゴ・カラソ)
    タイトル:Octógono(オクトゴノ)
    フォーマット:正規ライセンス国内盤CD/ダブル紙ジャケット仕様/12Pブックレット封入
    レーベル:bar buenos aires / Shagrada Medra
    型番:RCIP-0308
    発売日:2020年8月