cafe food music books space

store >
  • music
  • book

  • top > store > music
    top > store > music
    haruka nakamura
    Mute : PIANO SOLO album 続編
    「スティルライフ供

    日々に寄り添う、優しく静謐な旋律たち。
    ミュート・ピアノで彩られた、生活に寄り添う「静物画」として、慈しみの光を。

    シンプルで素朴な音色で、生活に寄り添う音楽を紡いだミュート・ピアノソロアルバム。「grace」「Twilight」以来、haruka nakamura の10年ぶり待望のソロ作品となった、2020年4月リリース「スティルライフ」の続編となる。

    このスティルライフ兇房められた楽曲は、スティルライフ気粒擽覆燭舛閥Δ法2020年1月新年から、彼の部屋で長期自宅録音により作られた。
    スティルライフ兇粒擽覆蓮△茲蠖爾静謐で、秋冬の装いを持つものが選曲されている。haruka nakamuraのミュート・ピアノの世界はスティルライフ兇鬚發辰瞳觴造気譴襦

    日々の生活への慈しみのまなざしと、誰しものささやかな日常を支える音楽として作られた、”スティルライフ“シリーズ。スティルライフ気リリースされた2020年春、奇しくも世界は目まぐるしく変化した。混沌とした世界の中で、このアルバムは多くの人の日常のささやかな灯りとなった。続編もまた、より深淵な慈愛の旋律が、誰しもの生活を仄かに照らす。


    スティルライフ――――――

    各地を旅し、音楽を続けていたharuka nakamura。
    出会う美しい風景や人々たち。 それぞれの土地でインスピレーションを受け、新たな歌を生み、 ライブ表現する循環を大切にした活動を続けていた。
    長い旅の途上で生まれた旋律のデッサンたち。

    それらのスケッチを推敲し、自宅のミュート・ ピアノで録音を開始。祖父の静物画を部屋に飾り、 日々をポラロイド写真に撮りながら、 初の長期ピアノレコーディングに臨み完成したこのアルバムは生活 に漂う「静寂」に等しい優しさを持つ楽曲たちを生んだ。

    日々の様子は「スティルライフ・制作日誌」としてweb公開。 (https://toudai.harukanakamura.com/
    アルバムが生まれていく様子が本人の文章で紡がれている。

    自作の布で制作した「オリジナル・ミュート・ピアノ」 の音色も使用。
    部屋で隣で弾いているかのような親密な響きとなった。

    すでに、2020年4月、第一作目となる「スティルライフ 」がCD・LPともにリリース。
    この世界的な変化の時期において、人々が求める慈しみと静かな光をあたえる作品として、奇しくも時代が求める音楽として、大好評を博す。
    “スティルライフ””スティルライフ供匹瞭鷓遒如一年を通しリスニング出来る、シリーズ・ アルバムとなっている。

    Tracks:
    1 光の午後
    2 小さな祈り
    3 トワル
    4 君の窓を開けて
    5 十二月へのストローク
    6 凪
    7 悲しみを持たずに
    8 透きとおり、ひかるもの
    9 フォーマルハウト
    10 ベランダの月
    11 君は夕暮れに
    12 球体と部屋
    13 8番目のポートレイト
    14 一篇の賛歌
    15 街の灯


    アーティスト:haruka nakamura
    タイトル:スティルライフII
    フォーマット:国内盤CD
    レーベル:灯台
    型番:T-002
    発売日:2020年11月
    ※CDジャケットは組み立てて飾ることができます。