cafe food music books space

store >
  • music
  • book
  • lifestyle

top > store > music


なぜか今まで秘密にされていました。
ニルス・フラームが2009年に制作していたピアノ作品が初公開!

ニルス・フラームは何世紀にもわたって受け継がれてきたピアニスト・コンポーザーという存在を、新しい世代の音楽ファンのために生まれ変わらせ世界を静かに変えてきました。今作は2009年にトーマス・ガイガーがプロデュースした論文「Conversations for Piano and Room」の一部として、グラーツの音楽・舞台芸術大学Mumuthで録音された若き日のニルスの未発表のスナップショットです。そのうちの2曲(特に『Hammers』)は彼のライブセットの一部として生き続け、2013年に発表したアルバム『スペイシーズ』で再構築されました。彼のクラシックの和声言語とジャズの即興性という本質的な天才性は今作から垣間みる事ができます。

“グラーツでのセッションでは、グランドピアノから音楽を絞り出さなければならなかったことを覚えています。今聴いても楽しいのですが 、私はこの録音をしばらくの間、秘密にしていました。なぜなら、この録音は私にとってずっと若い頃の自分のように聞こえるし、当時の音楽表現の多くは、今の私には再現できないからです。” ニルス・フラーム

Tracks:
1. Lighter
2. O I End
3. Because This Must Be
4. Kurzum
5. And Om
6. Hammers
7. Crossings
8. About Coming and Leaving
9. Went Missing


アーティスト:Nils Frahm(ニルス・フラーム)
タイトル:Graz(グラーツ)
フォーマット:国内流通盤CD
レーベル:Erased Tapes
型番:AMIP-0254
発売日:2021年8月