cafe food music books space

store >
  • music
  • book
  • lifestyle

top > store > music
◇アーティストHPより
それは絵画的である。彼の居るその時間、その空間からエーテルをすくい取る様に描かれていくのが彼の音楽の良いところ。この曲集はその音楽家にして音の画家そのひと、青木隼人の原点なのである。私自身は数年前に名刺代わりに、と頂戴して以来何度この音楽を聴いたことか。そう、この曲集はそんなにも昔に編まれたものなのだ。けれども良いものは良い。良いものはこのように色褪せることはない。さらに希代の音職人、庄司広光の仕立てに因り、一層磨きがかかったのだ。

その適度に水分を含んだ音色、浮かび上がっては又消える旅情の旋律を聴こう。この音楽の背後には、たしかに旅の風が吹いているのを感じる。その風が楽想を誘い、奏者の手を揺らし、ギターをふるわせている。

nakaban(画家)


-tracklist-
01. 1
02. 2
03. 3
04. 4
05. 5
06. 6
07. 7
08. 8
09. 9

(2007年)

◇試聴はこちらに。アーティストHP