cafe food music books space

store >
  • music
  • book
  • lifestyle

top > store > book

「私なんかがいてもいいんでしょうか。」
  尋ねる小林聡美に大学教授役の浅丘ルリ子が答えます。
「いてよし。」

10年前のTVドラマ「すいか」が今まわりでブームになっていて、
それがひょんなことから西荻の雑貨屋さんに飛び火しました。
ネットの時代って時間も距離もひとっ飛びだなぁなんて
何回目かの感慨にふけっているところです。

みんな違っていて、
そうして世界が出来上がっているんだなぁなどと、
最近はそんなことを思う機会が増えました。

       *

  透明になって、じっと世界を観察した。
  数少ないけれど、
 「みえてるよ」と合図を送ってくる人もいた。
  そんなときは、慌てたり、嬉しかったり。

  ベルリンでの、透明人間の記録です。

                (「ひるねの木」あとがきより)


件の雑貨屋さんを介してお知り合いになった
建築家 星佳奈さんのベルリン日記「ひるねの木」の
取り扱いをはじめました。

「ひるねの木」いつもかばんに入れて持ち歩いていて、
くりかえしくりかえし読んでいます。
とても良いエッセイです。

2013.4.1発売
14.8×10.5cm 30page