cafe food music books space

store >
  • music
  • book
  • lifestyle

top > store > book


◇以下出版社HPより

◆概要
親のための新しい音楽の教科書
若尾裕 著
定価:本体 1200円[税別]
四六判変型(116×171)・並製・208頁
【教育/育児/評論/音楽学】
発行/サボテン書房
発売日/2014年7月31日 挿画/齋藤祐平


◆注文書テキスト

なぜ幼稚園では子どもたちに大声で歌わせるのか?
音楽は、いつから間違ってはいけないものになったのか?
なぜ人は歌うことを恥ずかしがりはじめたのか?
「情操によい」とはなんなのか?
そもそも、音楽とはほんとうにいいものなのか?

あなたが思う「音楽」は、ほんらいの「音楽」の姿なのでしょうか?
もともと「音楽」が持ち合わせない「かたくるしさ」に
無意識に、そして、進んで身を投じてはいないでしょうか?

明治期における、西洋音楽の性急な受容がもたらした
日本人のいびつな音楽観を、
音楽教育/子育てといった観点から照らしだす、
新しいかたちの音楽論です。


◆目次

序章  楽しい音楽

第一章 こども用の音楽

第二章 壊れやすい音楽

第三章 はずかしい音楽

第四章 むずかしい音楽

第五章 へたくそな音楽

第六章 わらべうたと唱歌

第七章 標本の音楽

第八章 音楽は、いいものか

終章  音楽の見取り図