cafe food music books space

store >
  • music
  • book

  • top > store > music
    top > store > music
    深い霧のようなアンビエンスのなかに、儚げながら確かな存在感を持って鳴らされる優しいピアノは、どこか距離のある悲しみを漂わせています。穏やかな午後には包むように、孤独な時間を豊かなものへと変えていってくれるようです。

    マスタリングは12Kのテイラー・デュプリー。
    とても美しいピアノ・アンビエント作品です。9曲/58分。




    ◇以下レーベルサイトより

    2010年発表の1stアルバムでは11人編成で、洗練された現代音楽〜アンビエント〜ポストクラシカル的世界を披露してみせた、NYのピアニスト/作曲家David Moore率いるミニマル音楽集団。
    作品ごとにメンバーは入れ替わり、Mooreの荘厳なピアノのスコアをサポートし、彼の目指す音楽世界を表現するためだけに集められ、本作においてはアップライト・ベースとクラリネットを2人ずつ、チェロ、テープディレイ担当、そしてピアノの7人編成で録音されました。モートン・フェルドマンやギャヴィン・ブライアーズにインスパイアされた彼の音楽は、スティーヴ・ライヒやブライアン・イーノのアンビエント、さらには世界最速のミニマル・ピアニスト、ルボミール・メルニクあたりまでを彷彿させるメランコリックな静謐さと美しさをたたえています。

    アーティスト:Bing & Ruth
    タイトル:Tomorrow Was The Golden Age
    フォーマット:輸入CD
    レーベル:RVNG International
    型番:RVNGNL27CD
    発売日: 2014年10月