cafe food music books space

store >
  • music
  • book
  • lifestyle

top > store > music

光と影、喜びと哀しみのポートレイトを紡ぎ、多幸感と憂鬱のあいだを彷徨う。ビーチ・ボーイズに代表されるポップ・ミュージックの魔法と普遍的な魅力を備えた、才能豊かなフランス人ピアニスト&シンガー・ソングライター待望の新作。ビーチ・ボーイズ『Friends』とベン・ワット『North Marine Drive』を結び、ジョニ・ミッチェル『Blue』やトッド・ラングレン『Runt. The Ballad Of Todd Rundgren』、ニック・ドレイク『Bryter Layter』などを彷彿させる静謐な「青のアルバム」として賞賛されたデビュー作『ザ・ソングス・リメイン』。あの感動から3年、遂にセカンドアルバムが完成。トゥールーズの田舎に一人籠り作り上げたという珠玉の12曲を収録したこの最新作。ドビュッシーやガーシュイン、ニール・ヤングやロバート・ワイアットを愛するという彼ならではの、どこか翳りを帯びた和音と内省的で切ないメロディを、ピアノやストリングスでシンプルかつ流麗に、時にフォーキーなアレンジで聴かせます。







2014年10月23日リリース
レーベル: Apres-midi records