cafe food music books space

store >
  • music
  • book

  • top > store > music
    top > store > book
    SHUKYU Magazineは、Jリーグ開幕前夜80年代生まれの2人による、既存のサッカー誌とは全く異なるアプローチで作られたフットボールカルチャーマガジンです。 毎号ひとつのテーマで特集を組み、選手・クラブ・食・建築・道具から印刷物まで、ゲームの背後にあるあらゆる現象を独自の視点で読み解いていきます。

    創刊号では「ルーツ」をテーマに、サッカーにまつわる事象の成り立ちや経緯を調べていく中で、改めてその価値を発見していきます。 コラムページでは様々なジャンルで活躍するクリエイターの方と実験的な試みを行い、adidas FANATIC Tokyoとコラボレーションした冊子が付録となっています。

    <特集>
    国立競技場 2015年3月(写真:濱田祐史)
    フットボールの誕生(写真:甲斐啓二郎)
    大日本蹴球協会機関紙『蹴球』(写真:Gottingham)
    国立競技場 2014年5月(写真:牧口英樹)
    田根剛 -古墳スタジアム-
    ボルシア・ドルトムントはどのようにして誕生したのか(文:高杉桂馬)
    賀川浩 -日本サッカーと歩んできた男-(写真:三田村亮)
    液状化するUNIFORMIZMとプロスポーツ(文:平川武治)
    酒井高徳 -2つのルーツと1 つの強い気持ち-(写真:Julia Grassi、文:菊池孝将)
    How to make a ball|by Hender Scheme(写真:Gottingham)

    <コラム>
    Atelier HOKO
    SHIFT Brazil 14/16 - 転換する都市の記録 -
    Juergen Teller
    石塚啓次
    シンプル組合
    平山昌尚
    津田直

    <付録>
    adidas FANATIC Tokyo
    英訳冊子(English Translation)

    出版社: VACANT ltd. (2015)
    B5版、104ページ



      

    あなたにおすすめの商品